国内&現場で学んだ私がおすすめする英語コーチングスクール3社

ビジネス英語(電話編):「Can, Could, May」の違いを電話応対に活かす例文・フレーズ

例文・フレーズ

The required documents can be submitted to you within today.

「要望された書類は今日中に提出されるでしょう(強い確信)」

 

The required documents could/may be submitted to you within today.

「要望された書類は今日中に提出されるでしょう(弱い確信)」

 

May I ask you to finalize the documents?

「書類を仕上げてもらえませんでしょうか?(丁寧な依頼)」

「can, could, may, might」を

何となくで使っていませんか?

 

仕事の電話では

「できるかできない微妙なこと」や

「お願いや許可を取ること」も多いはず。

 

そんなときに覚えておきたい

「can, could, may, might」の

使い分けを紹介します。

→【possiblyかmaybeか!?可能性の違い

 

可能性

can

可能性について示すとき、

canは強い確信を意味します。

The required documents can be submitted to you within today.

「要望された書類は今日中に提出されます。」

 

I can send you some slides tomorrow.

「明日、プレゼン資料をお送りできます。」

単純に「~できる」という

意味で使っていた人は注意が必要です。

 

本当に実現できるかを

よく確かめて使って見てください。

→【お久しぶりですは何と言う!?

 

could, may

couldやmayで可能性を示すときは

低い可能性だということを忘れずに。

The required documents could/may be submitted to you within today.

「要望された書類は今日中に提出されるでしょう。(たぶん)」

発言にあまり自信がないときは

coudlやmayが無難ということですね。

→【お礼は英語でどんな風に伝える!?

 

助動詞なし

The required documents are submitted to you today.

「要望された書類は今日中に提出されます。」

ほとんど事実に近いこと、

また強い確信を示すならば

助動詞はつけずに現在形で表現します。

→【失礼しますは英語で何と言う!?

 

依頼

can

canで依頼をするときは、

あまり丁寧な表現ではない

ということを自覚して使いましょう。

 

例えばこんな例文です。

Can I use your desk?

「あなたの机使っていい?」

 

Can you get back to me tomorrow?

「明日折り返してくれない?」

上司や目上の人には

使わないほうが良いでしょう。

→【不在ですと言いたい時は!?

 

could, may

couldやmayは

canをよりフォーマルにした表現です。

 

状況にもよりますが

ビジネスで依頼をする場合には

couldやmayが無難でしょう。

 

例えば上記に文章も同じ意味ですが

丁寧さが全く違います。

May I use your desk?

「あなたの机を使っても宜しいでしょうか?」

 

Could you get back to me tomorrow?

「明日折り返して頂けませんか?」

ちなみにcouldよりもmayのほうが

丁寧さは上のようです。

 

状況に応じて使用してみてください。

→【折り返しますは英語で何と言う!?