国内&現場で学んだ私がおすすめする英語コーチングスクール3社

ビジネス英語(電話編):電話会議の“オープニング”で使える例文・フレーズ

前回の記事では、電話会議の前に

準備すべきことを中心に紹介しました。

 

今回は電話会議を主催する側として

どんな風に会議を進めれば良いのかを

場面ごとに使える例文や

フレーズを交えて紹介します。

→【電話会議の準備はどうする!?

 

オープニング

例文・フレーズ

 

Good morning, everyone. If we are all here, let’s get started.

「おはようございます。もし全員揃っているならば始めましょう。」

 

Good afternoon everyone, I guess we are ready to start.

「こんにちは皆さん。始める準備ができたように思います。」

 

Hi, this is [your name]. Let’s check if all participants are here or not.

「全員が揃っているかどうか確認させてください。」

 

電話会議が始まったら

行うべきことは

約束した参加者が

揃っているかどうかの確認です。

 

Let’s get started.「はじめましょうか」

などはface to faceの会議でも使えます。

ぜひ使ってみてください。

→【電話会議で休憩するときは!?

 

 

誰かを紹介する

例文・フレーズ

 

 I’d like to introduce my boss, Tom.

「私の上司、Tomを紹介させてください」

 

Ms. Jacy is new to our team. She’d like to say a few words of introduction.

「Jacyは私たちのチームの新しいメンバーです。彼女から一言挨拶があります。」

 

あなたが会議のホストなら、

参加者の大体の人は

日程調整の段階で

あなたのことを知っていると思います。

 

しかしあなたの上司はどうでしょうか?

もしくはあなたのチームに参加した

新しい同僚はどうでしょうか?

 

彼らを参加者に紹介することで

会議がより良いものになる可能性があります。

 

また周りに気をつかえる人として

あなたの評価も上がるでしょう。

 

introduce~「~を紹介する」

はおさえておきたいフレーズです。

 

またintroduce myselfとすれば、

あなたの自身の自己紹介

という意味になります。

→【電話会議で自己紹介するときは!?

 

 

アジェンダを確認する

例文・フレーズ

 

I’d like to make sure that today’s agenda.

「今日のアジェンダを確認させてください。」

 

The main purpose of this meeting is to build a relationship with our team.

「このミーティングの主な目的はチームビルディングです。」

 

The objective of today’s meeting is to close the issue of budget.

「今日の打合せの主題は予算の課題の解決です。」

 

アジェンダの確認(もしくは目的の確認)は

多少煩雑なので飛ばして進める人もいますが、

必ずやっておいたほうが良いでしょう。

 

決めておいたほうがいい理由として

  • 会議が発散したときに元の戻しやすい
  • 時間が節約できる
  • 人を厳選できる

などが上げられます。

 

とくに電話会議は顔が見えない分、

話し合いの方向が正しく進んでいるかを

リーダーは常に気にかける必要があります。

その方向性を決めるのがアジェンダです。

 

また相手がクライアントだった場合には

予定していたアジェンダに無いことを

突然言い出すかもしれません。

 

なるべく会議途中にそうならないために

冒頭に確認をしておきましょう。

→【次の電話会議を組むときは!?