国内&現場で学んだ私がおすすめする英語コーチングスクール3社

すぐに「I’m sorry」って言ってない?ビジネス英語で「謝罪」を表現する別の言い方

I’m sorry

あなたは何度このフレーズを

言ったことがありますか?

 

日本語では「すみません」が

相槌のように使われますので

その代わりに使っている人も

多いように思います。

 

営業マンとしては自信なさげに

I’m sorry

を連投すると能力のない人だと

みなされる可能性もあります。

 

この記事では I’m sorry

慢性化している営業マンに

別の方法でのアプローチを

ご紹介します。

→【Sorryという前に!?

Sorry ではなく Apologize

Sorryというのは便利な言葉ですが

ニュアンスとしては全体的に

「反省している」

「申し訳ない」

という意味を示します。

 

それに対してApologize

何か特定の問題に対して自分が

間違った行動をとってしまった

それについての謝罪、という

ニュアンスがあります。

 

例文

・We apologized for being late.

(私たちは遅れたことを謝罪した)

 

・I apologize for losing your pencil.

(私はあなたのペンを無くした事を謝罪します)

 

【注意】apologizeは自動詞なのでtoやforが必要。

 

またApologizeのほうが

フォーマルな印象もあります。

 

謝る機会のあるときは

Apologizeが使えないか

一度考えてみるといいかもしれません。

→【Probably, maybe, possibly,の違い!?

Thank you を上手に活用

日本語でも誰かの批判に対して

「ご指摘頂きありがとうございます」

と言ったりしませんか?

 

この方法は自分の品位を下げることなく

相手に自分の誠意を見せる良い方法です。

 

例えばあなたが何かの提出遅れ

発生させてしまったとします、

もちろん状況にもよりますが、

そんな時は言い訳せずに思いきって

 

例文

Thank you for your patience. You will have it by next Monday morning.

(お待ち頂きありがとうございます。次の月曜日の朝までに提出します。)

 

Thank you for pointing it out, what else is worth doing now?

(ご指摘ありがとうございます。何か他に価値のあることは今ありますか?)

 

と言ってしまうのも

表現としてはありです。

→【「Late」と「Lately」の違い

Feedbackを求める

ごめんごめんと言ってしまうのは

たいていの場合は不安が強いか

自信がないときです。

 

自らの健全な自信を取り戻すには

どうすれば良いか?

 

方法の一つはFeedbackを求めてみることです。

 

例文

・Would you give me feedback on how I can make a report correctly?

(どんな風に正しくレポートを作ればよいか教えてもらえませんか?)

 

もちろん聞けば物事が

全てうまく解決するなんてことも

無いのですが、聞くのはタダです。

 

また英語圏の人間は

分からないことははっきりと

分からない人が聞くべき

という文化を持っています。

 

遠慮せずにはっきりと

聞いてみましょう。

→【「It’s up to you」と「It’s your call」

まとめ

では今回の内容をまとめます。

 

「I’m sorry」と言う前に

 

  • Apologize で具体的な謝罪を
  • Thank you でポジティブ返し
  • Feedbackを求めてみる

 

の三つを思い出してください。

 

これだけでずいぶん

コミュニケーションの幅も広がります。

 

使えそうな表現があれば

ぜひ活用してみてくださいね。