国内&現場で学んだ私がおすすめする英語コーチングスクール3社

接続詞「but」に別の表現はない?but以外で逆説を表現する方法

接続詞のbut

多用していませんか?

 

but以外で逆説を表現する方法としては

though, although, howeverを使えると

表現の幅が格段に増えます。

 

日本語の文章は

「~が」という表現を

たくさん使います。

 

ですので、ついbutを

多用してしまいますが

英語のbutは明確な

逆説を表わします。

 

例えば、日本語のこんな文章。

 

「同じ鳥でも

白鳥は白い

カラスは黒い」

 

この「~が」は

明確な逆接というよりは

ただの対比です。

 

このように日本語で考えたときの

「~が」を全てbutにすると

不自然な英語になります。

 

この記事ではbut以外で使える

逆説の表現を紹介します。

→【Probably, maybe, possibly,の違い!?

but

まずはbutの復習です。

 

butを使うときというのは

AとBの間で

異なりがはっきりしている

対比がかなり明確

なときのみ使える接続詞です。

 

またよくあるミスですが、

メールなどの書き言葉において

butは文頭では使えません。

 

例文

・I would like to join the conference call but I’m too busy to join.

(電話会議に参加したいのだが、あまりに忙しくて参加できない)

 

・My boss is fascinating but often rather disturbing.

(私の上司は魅力的な人だがしばしば邪魔をしてくる)

 

ただし口語ならば

butは文頭でも使えます。

 

その場合には怒りや驚きを

強調するニュアンスがあります。

 

例文

A:That was a great offer.

(それは素晴らしい提案だった)

 

B:But it didn’t work.

(でも上手くいかなかった)

→【Sorryという前に!?

however

私がビジネスで推奨したいのは

Howeverです。

 

Howeverも逆説を表しますが

butほど明確ではありません。

 

どうやら異なりがあるようだ

くらいのニュアンスです。

 

営業マンならこっちのほうが

顧客に対しては角がたちにくい

かもしれませんね。

 

例文

・Our competitors’ service is great and the price is cheap. However, quality is not so good. 

(我々の競合のサービスは素晴らしいし値段もやすい。しかし、品質はそれほどよくない。)

 

ここで注意したいポイントです。

 

Howeverは副詞なので、

文章全体を修飾することはできますが

文章と文章を繋げる接続詞

としての力はありません。

 

なので使うときは必ず

文頭ならhowever,(カンマ)で

区切ってください。

 

文中に入れるなら

 

例文

・Our marketing strategies, however, will destroy some market standards.

(我々のマーケティング戦略は、しかしながら、市場の当たり前をいくつか破壊するだろう)

 

のような形にして

カンマ(,)で挟む必要があります。

→【「Late」と「Lately」の違い

though, although

thoughとalthoughもbutと同じように

接続詞として文を繋げながら

逆説を表わすのに使えます。

 

例文

・A company makes a huge profit though nobody knows why.

(A社は巨額の利益を生み出したがどしてかは誰も分からない)

 

またthough以下には事実や意見

追加するのに使いましょう。

 

そしてthough以下の文章には

それほど重要度は高くない内容が

望ましいです。

 

例文

・I thought he was drinking a lot though I wasn’t completely sure.

(彼はたくさん飲んでいたと思うよ、まぁよく分からないけどね)

 

このように、青く線を引いたところは

情報としての価値は低そうです。

 

またthoughとalthoughの違いは

thoughのほうが口語的なところ

 

even though(~にもかかわらず)

とは言いますがeven althoughとは

言わないのはalthoughがあまり

Spokenな言い方ではないからです。

→【「Stop to do」と「Stop doing」

まとめ

butを使うなら前後の文章が

明確な否定になっているか

もう一度確認しましょう。

 

もし少し曖昧さがあると思えば

howeverを使うと柔らかい

ニュアンスになります。

 

海外営業マンなら覚えておきたい

ポイントですね。

 

またどうでもいい自分の意見や

情報を加えるならthoughかalthoughを

使ってみてください。