国内&現場で学んだ私がおすすめする英語コーチングスクール3社

英語メールの書き方:依頼の言い方を3パターン紹介(例文フレーズ付き)

この記事では英語のビジネスメールで依頼したいことがあるときに使える例文パターンを3つご紹介します。

仕事で外国人に何かを依頼したい!という時には本文の内容が役に立つでしょう。

ビジネス英語のメールで依頼をする(フォーマル編)

例文

Dear Ms. Anderson,

My name is Kyoko Suzuki, and I am writing to ask for your support.
アンダーソン様。私は鈴木京子と申します。あなたのサポートを頂きたくこのメールを書いています。

I’d very much appreciate your advice.
アドバイス頂けると大変助かります。

ビジネス英語のメールでなにかを相手に依頼したい時は、そのメールの目的や意図を最初に書くのがポイントです。

メールの受け手にあなたをサポートして欲しいのか、それともアドバイスして欲しいのかをメールの冒頭に書きましょう。

>> 関連記事英語メールの書き方(書き出し編)

ビジネス英語のメールで依頼をする(カジュアル編)

例文

Hi John,

My name is Kyoko, and I’m working for an internet service company called English.com.
こんにちはジョンさん。私は京子と言います。English.comというインターネットサービスの会社で働いています。

Hope you’re doing well.
あなたが順調であることを祈っています。

Today, I’d like to ask you to try our service we’re launching.
さて、今日は私たちがローンチしたサービスを使ってみて欲しいと思って連絡しました。

全体的にカジュアルにまとめていますが「Hope you’re doing well.」はフォーマルな場面でも使える一文です。

送信先の人と人間関係が出来ているならメールの挨拶は短くして単刀直入に書き始めるのがベターです。

会社名やサービス内容を変えて例文を活用してみて下さい。

ビジネス英語のメール「友人からの紹介で依頼する」

例文

Dear Ms. Anderson,

I am a friend of Steve Gary. He encouraged me to send my report to you.
私はスティーブギャリーの友人です。彼からあなたにレポートを送るように薦められました。

Steve and I are working on several projects together,
スティーブと私はいくつかのプロジェクトで一緒に働いており

and he believed that you will be able to help me with my research.
彼はあなたなら私を助けることができると思っています。

友人の名前などを利用して第三者に何かを依頼する場合、日本語だと違和感があるかもしれませんが、直接的に書くことがポイントです。

encourageは本来は「~を励まして・・・させる」という意味ですが、この場合は「友人に促してもらって連絡しました」というニュアンスを出しています。

ビジネス英語のメールで依頼する時のまとめ

英語のビジネスメールで依頼したいことがあるときに使えるパターンを3つご紹介しました。

特に友人からの紹介パターンは営業職の人などすぐに使えるテクニックかと思います。

状況に応じて活用してみてください。

\誤送信しちゃった!?削除依頼のメール/
ビジネス英語(メール編):間違いメールを送付した!?削除依頼の例文フレーズ