国内&現場で学んだ私がおすすめする英語コーチングスクール3社

ビジネス英語(挨拶編):簡単な自己紹介からの会話の始め方(例文フレーズ付き)

映画やドラマのように

軽い感じで自己紹介したり

挨拶できたら楽しそうですよね。

 

ただビジネスの場合は

もう少しだけフォーマルな

雰囲気が必要です。

 

プロフェッショナル感を損なわずに

親しみを込めて挨拶するには

どのようにすればよいでしょうか?

 

この記事では私の考える

フォーマルよりではありながら

少しだけフレンドリーな雰囲気で

挨拶する方法を紹介します。

→【英語メールの書き方(書き出し編)

まずHelloから始めよ

親しみ易さとフォーマル感を

両立させるためには

HeyHiを封印して下さい。

 

HeyやHiを使うのは、もう少し

カジュアルに挨拶できる関係を

作ってからが良いです。

 

そしてHelloの後には必ず

名前を呼びましょう。

こんな感じです。

 

例文

Ken:Hello. Mr. Evan.

 

Mr. Evan:Hello. Mr.Ken.

 

これだけ?と思うかもしれませんが

印象は随分と変わります。

 

時間によっては、

「おはようございます」や

「こんにちは」などを付け加えるのも

フォーマルさが出て良いでしょう。

 

例文

Ken:Good morning (or Good afternoon). Mr. Evan.

 

Mr. Evan:Good morning (or Good afternoon). Mr. Ken.

 

ちなみにGood nightは「さようなら」を

言うべきタイミングで且つ夜にしか

使えないので注意して下さい。

 

夕方は全てGood afternoon

問題ないです。

→【メールでの自己紹介のポイント!?

初めて会った人

初めて会った人には

ここから簡単な自己紹介を

続けてみます。

 

例文

Ken:Good morning. Mr. Evan. I’m your new sales manager.

(おはようございますエヴァンさん。私は新しい営業課長です。)

 

この場合おそらくKenさんは

エヴァンさんに会ったことがないでしょうから

「初めて会いましたよね?」

という感じで会話を続けると自然です。

 

例文

Ken:Good morning. Mr. Evan. I’m your new sales manager from Japan. I don’t think we have met yet. 

(おはようございますエヴァンさん。私は日本から来ました新しい営業課長です。私たちはまだ会ったことがないですね。)

 

状況に応じてですが、

私ならfrom Japanを言い終わるあたりで

握手を入れたりします。

→【商談後のフォローメールは!?

二回目以降に会った人

すでに顔見知りだけど

まだそれほど親しくはない相手には

How are you?が続く可能性が高いです。

 

例文

Ken:Good morning. Mr. Evan.

(おはようございますエヴァンさん。)

 

Mr. Evan:Good morning. Mr. Ken. How are you?

(おはようございますケンさん。調子はどうですか?)

 

Ken:I’m great, thank you. How are you?

(すごく良いですよ。エヴァンさんは?)

 

教科書みたいなやりとりですが

実際けっこう使います。

 

明るく笑顔でポジティブに

言うことが重要です。

 

How are youと同じような意味で

What’s up?

How are you doin?

という表現もあるのですが

これらはすごくカジュアルなので

最初の方は控えるのが無難です。

→【日程変更の連絡はどうする⁉︎

まとめ

初対面もしくは2、3回目に会う相手と

軽く廊下で挨拶するようなイメージで

記事を書きました。

 

もちろんカジュアルな挨拶が

悪い訳ではありませんが

あまりにカジュアルだと失礼な

印象を持たれてしまう可能性もあります。

 

状況に応じて使ってみて下さい。