国内&現場で学んだ私がおすすめする英語コーチングスクール3社

ビジネス英語(電話編):「〇〇さんいらっしゃいますか?」で呼び出したい時の例文・フレーズ

May I speak to Mr. Anderson, please?

(アンダーソンさんとお話できますか?)

Can I talk to Ms. Jacy?

(ジェシーさんと話せますか?)

Is David there?

(デイビットはいますか?)

 

「〇〇さんいらっしゃいますか?」

という表現は日本語独特のものです。

 

英語で全く同じような意味の

表現はありませんが、

近いものはいくつか存在します。

 

上記の三つは、上が一番フォーマル

下が一番カジュアルな表現になります。

→【少々お待ちくださいは何て言う!?

 

 

どれを使うか迷ったら

May I speak to [name], please?

最もフォーマルで無難なフレーズです。

もし迷うようならこれを使いましょう。

 

Can I speak to [name]?

顔も知っているし話したことも何度かある、

そういう親しい間柄への電話ならば

Can I speak to でも問題ないでしょう。

 

若干カジュアルになりますので

CanをCouldにすると少しフォーマルになります。

 

Is [name] there?

ビジネスで使われている機会を

見ることもありますが、

どちらか言うと友人との間で

使うイメージです。

 

例えば同じチームの人とか、

同じ会社の人で親しい間柄の同僚などには

使っても違和感はないのかなと思います。

→【Noと言わない断り方は!?

 

 

「speak」と「talk」の違い

Can I talk to [name]?

(~と話せますか?)

 

先に紹介した例文は

全てtalkに置き換えられます。

 

speaktalkの違いですが

talkのほうが少しカジュアルな表現です。

 

Can I talk to [name]?

と言うと、ビジネスで使う表現としては

かなりカジュアルなフレーズになります。

 

最近では、ビジネスの面でも

堅苦しい習慣を廃する動きがあり

カジュアル化が進んでいます。

 

社内外の関係者の雰囲気によっては

使っても問題ないとは思いますし

むしろ自分だけ堅苦しいのも不自然です。

 

置かれた環境に応じて、

使ってみてください。

→【取次ぎするときに使えるフレーズは!?

 

 

talkよりもカジュアルな表現chat

We chatted all night.

(私たちは一晩中おしゃべりした)

 

chatにはフレンドリーでカジュアルで

それほど重要ではない会話、

というニュアンスがあります。

 

chattalkよりも

さらにカジュアルな表現であると

覚えておきましょう。

 

Can we have a chat?

(ちょっとおしゃべりできますか?)

 

名詞として使うなら

have a chatで使います。

意味合いは動詞chatと同じです。

 

Can we drink some coffee and chat for a few minutes?

(コーヒーでも飲みながら少しだけ話しませんか?)

 

もしあなたが営業マンなら

「ちょっとコーヒーでも飲まない?」

と言って顧客を誘い出し、

重要な情報を聞き出すなんてのは…

常套手段ですよね。

 

ぜひ活用してみてください。

→【電話対応の基本とは!?