国内&現場で学んだ私がおすすめする英語コーチングスクール3社

ビジネス英語(挨拶編):名刺交換で使える例文やフレーズまとめ

会話例

A「May I have your business card?

(あなたのビジネスカードもらえますか?)

 

B「Sure, here you are.」

(もちろんです。どうぞ。)

 

A「Thank you so much. This is my business card.

(ありがとうございます。これが私のビジネスカードです。)

 

B「Thank you.」

(ありがとうございます)

 

この記事では、

ビジネス英語の名刺交換で

使えるフレーズを紹介します。

 

まずは冒頭の会話を例に

名刺交換で使える一般的な

フレーズを紹介します。

→【英語での雑談力を上げるには!?

 

名刺交換の例文・フレーズ

1)名刺が欲しいとき

May I have your business card?

「あなたの名刺頂けませんか?」

 

冒頭の会話例でも出たフレーズです。

一般的な尋ね方として覚えておきましょう。

 

2)名刺を渡すとき

a. This is (or here is) my business card.

「こちらが私の名刺です。」

 

b. Let me give you my business card.

「こちらが私の名刺です。」

 

aは冒頭の会話例でも登場しました。

Let me give you~は追加の例文です。

aが使えるようになったらこちらも

取り入れていきましょう。

→【英語で会話を続けるコツは!?

 

 

自分が名刺を切らしている時の対処方法

会話例

A「Here is my business card.」

(こちらが私の名刺です。)

 

B「Thank you very much. I’m sorry I have run out my cards. Would you take my temporary card?

(ありがとうございます。申し訳ありませんカードを切らしてます。仮のカードを受け取って頂けますか?)

 

※run out of ~「~を切らす」、temporary「一時的な、仮の」

 

この会話のポイントは青線のところです。

まずはカードを切らしていることを詫びます。

 

カードが無い理由は、

本当は名刺を忘れただけ

なのかもしれませんが、

名刺を忘れたというのは

プロ意識に欠ける印象があります。

 

名刺が無いのは一緒ですので、

相手への敬意を示す意味もこめて

「切らしている」でいいでしょう。

 

次に、これは私も

実践したことがあるのですが、

なんでも良いので

仮のカードを準備しましょう。

 

A4の紙に名前とメールと電話番号を書く

だけでもけっこうです。とにかく何か相手と

名刺交換できるものを準備しましょう。

 

仮のカードなんて失礼では…

と感じるかもしれませんが、

外国人は名刺にはそれほど

敏感ではありません。

 

受け渡しも片手でしたりしますし

思っている以上にカジュアルです。

 

もし相手の情報がどうしても欲しい場合

仮のカードで対処するのも一つの方法です。

→【簡単な自己紹介のコツは!?

 

 

相手が名刺を切らしている時の対処方法

会話例

A「Here is my business card.」

(こちらが私の名刺です。)

 

B「Thank you very much. I’m sorry I have run out my cards.

(ありがとうございます。申し訳ありませんカードを切らしてます。)

 

A「Oh, OK. Do you have a Facebook account or LinkedIn?

(分かりました。FacebookかLinkdInのアカウントお持ちですか?)

 

その他:別の尋ね方

A「How do you spell your name?」

(あなたの名前はどう書きますか?)

 

A「Would you share your e-mail?」

(あなたのメールアドレスを共有頂けませんか?)

相手がカードを切らしていたが

どうしても連絡を交換したいときは

FacebookかLinkdInというSNSを

活用しましょう。

 

外国人ならだいたいアカウントは

持っているものです。

 

そのほかの方法としては

メールアドレスや名前だけでも

書いてもらって確認しましょう。

 

状況に合わせて活用してみてください。

→【印象の良い電話の切り方とは!?